THE ゲームメーカー SEGA編



レコーダーも直ったので、買っていた「THE ゲームメーカー SEGA編」のDVDを視聴。
前回はこれが再生できずに、修理送りになったんだよなー

毎年春頃にでるこのDVDシリーズの購入が、
KOJIROU!さんの恒例であり楽しみのひとつ。
年に一回しかリリースされないから、毎回つぎはもう出ないのかなー?
と気になるシリーズでもあります。
どういうシリーズかというと、
名前のとおりメーカーというカテゴリでゲームタイトルを搾って、
レゲーを紹介するゲームアーカイブDVD。

今回はSEGA編。
SG-1000からドリームキャストまでと、
前シリーズまでとは比べ物にならないボリューム!
2枚組みだしなーすげーぜ!
以前まではメーカー>ファミコンタイトルと限定されてたので、
今回はいっきにボリュームが増えて、満足な内容でしたぜ~
とはいえ、自分はSEGAハードとの付き合いはぶっちゃけサターンから。
メガドラはいまでこそ持ってるけど、当時は友達の家でやらせてもらう立場。
それ以前のSG-1000~マスターシステムまではやったことすらないし
当時の生の情熱や熱気は感じたコトがない残念にわかユーザーみたいなもんなんで
実のトコロあまりセガのゲームとは馴染みが薄かったりするんですよね。
今回、昔からの歴史や販売戦略、
生まれたゲームタイトルなどを資料で見ると
こりゃー信者ができるのもうなずける、
すごいメーカーだったんだなーと思いましたかね~

今見ても色あせない、滑らかな動きや迫力のある映像が売りのスペハリ!
なんと1985年に開発されていたコトを考えると驚愕の技術力!
可動筐体のパイオニアになったのも間違いなくSEGAだろうし
コンシューマー初の16BIT機メガドライブ、
移植度の高いゴールデンアックスや大魔界村、獣王記
いまや看板的な存在になったソニックザヘッジホッグの登場で
当時のファミコン少年たちの度肝を抜いたのもSEGAだった。
自分がセガゲーに初めて触れたのはこのゴールデンアックスからだったかな~?
その後もバーチャファイター、バーチャレーシングと技術力をみせつけるように世にはなち
もはや知らない人はいないだろう伝説級の格ゲー
「バーチャファイター2」を登場させ、
いつでもゲーム界の中央に君臨していたイメージがあったなー。
AM2研はゲーマーなら誰でも知っている開発部門だったし
開発が表立って有名になりだしたのも、この頃だったんじゃないかな?
クリエイターとかもね。
功績はその後も続き、オンラインゲームの魅力をもっとも日本人に広く知らしめたのは
ほかならぬ「ファンタシースターオンライン」だったのは間違いないと思う。

にわかといえどサラっとこのぐらいの思い出はでてくるセガ。
振り返ってもやっぱ凄いメーカーだったなーと思いますねぃ。
輝いていたぜセガ!!
それらの魅力がギュっと詰まったこのDVD、ゲーム好きならマストバ~イ。



と昔を振り返るほど今のセガは体質変わったなぁとギャップを感じずにはいられん。
もしかして…いまのセガの看板って…ミク…さん…か?
なん…だと…!?
ははっ!まさかそんなはずはない。
じゃあ…龍が如く…
いやぁまさかヤクザゲーが看板とか…ありえん。
シャイニング…なんちゃら…とか?

あれ?いまセガでそれなりの立場のソフトってミクさんと桐生ちゃん、TONY以外なんかあったっけ?
いずれにせよセガ信者は現状に納得してなさそうだけどな(^-^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KOJIROU!

Author:KOJIROU!
ゲームとおっぱいを愛してやまない
ヘタレ漫画家
ヘルニア療養中…

KOJIROU!ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR