ニンテンドークラシックミニを購入!



この時代にファミコンを買う感慨深さ(挨拶)

ってなワケで買ってきましたん。平日の昼間にも関わらずどこもかしこも完売ばっかりで驚きよ。
ソフト30本収録というお得感からくる人気商品だったためか、いつものクソ転売屋に漁られたかはわからないけどな。
ネット予約全滅してたのは知ってたけど、店舗売り余裕だろとか思ってたのでちょっと舐めてた。

あと一緒に発売された復刻のファミ通も購入!いやこの場合ちゃんと「ファミコン通信」というのが正しいか!
あわせてくるね~やるね~。

帰ってきてさっそく開封しましたよ!
収録ゲーム内容については有名すぎるタイトルばかりなので今更語ることもないので割愛。
プレイ感覚や仕様、アイテムについての感想にいってみましょう。
まず目を惹くのがグラフィック。
遊ぶにあたって画面がクッキリと綺麗に映り、色合いもバーチャルコンソールなんかに比べて
明るく見やすく調整されているようで大型液晶に気持ちよく映る。
これだけでかなり好印象。
グラフィックフィルターは「アナログテレビ」「4:3」「ピクセルパーフェクト」と
3種類の中から好みで選べる仕様。
WiiUVCもこの仕様でやっておいてくれよ…ってつっこみたくなるわw
アナログテレビは本当にブラウン管テレビみたいな画質になるのでちょっと笑えますw
通常使用は4:3かピクセルパーフェクトかな。

この手の商品にありがちな致命的な遅延も感じられないし、
ファミコンを当時のままの操作感で遊べてよいよいよい。
メニューもサクサク動作し軽快で、どこでも保存もあるし復刻アイテムとしては文句ありませんね~
ちなみにディスクシステムのタイトルはきっちりディスクシステム起動画面からスタートするし、
ちゃんとローディング画面もはいります。竹をとるな~の歌が歌えますよ!
とまぁ内容についてはとても満足です!

しかしだ!

誰もが想像するコントローラーどうなの?ってトコロ。
本体が小さい分もちろんゲームパッド部分もミニサイズ。
minifami003.jpg

デュアルショック4と比べてもらうとわかりやすいかもしれないので
写真ぱしゃー。
正直ちっさい!
わかってはいたけどちっさい!!
ちっさくていいのはミクさんのおっぱいだけじゃボケっー!
これはやりにくい!!
最低限の操作はちゃんとできるし遊べるものの、据え置きゲームパッドの快適さはさすがに備えていない。
本体からのびるケーブルも短めで取り回しも不便で持ちにくい。
携帯ゲーム機でもないのにやはりこのサイズは無理がある。うーん。
あとこれは個体差かもしれないけど十字キーがグニャグニャでおしにくい。
まぁファミコン実機の十字キーも出来がいいとは言わないけど(^-^;
コントローラーに関しては本気で遊ぶにはちょっとキツイなぁ。
このへんはせめて再現性より3dsクオリティであってほしかった…残念。
代替パッドも用意できないし、一体型の悲しいトコロですね。
ブルートゥースあたりでWiiUのプロコンとか使えたら神仕様だったんだがな。
コントローラー実寸サイズで遊べ、買い替えもできる海外版の方がココは軍配があがるだろうな。

minifami004.jpg

ちなみに2コンのマイク関係は埋まっていて使えません。バンゲリングベイっ!!
ゼルダの伝説のあいつはVCと同じ仕様になってるのかな?
ついでに言うとカセット差し込み口も開かない。
おう、これも地味に残念だ。ふーってしたかったのに!わかってないな!
イジェクトも動きません。カセットがささらないのでココも当然。
拡張端子部分もカバー固定で動きません。ココにUSBでもあれば…と思わざるをえない!
本体機能でいうと電源スイッチはそのままパワーオンオフ。
リセットボタンはメニューに戻るホームボタン機能と同時に、どこでも保存の起動と連動してるようですな。
そつのない印象です。

文句も色々でましたが、ぶっちゃけノスタルジーアイテムに
本気の実用性を求めるほうが野暮ってもんなのはわかっております。
雰囲気があって、なおかつ遊べる!ってトコロに価値があるので
そのへんの満足度は十分満たしてくれるんじゃないかと思います。
過去の名作タイトル30本に手軽に触れるのはやっぱそれだけで魅力ですしねーうんうん。

minifami005.jpg

パッケージ背面写真。このタイトルがずらーっと並んでるだけで満足ですよ!テンション上がるぜ!!
当時こんだけソフト持ってたら友達の間でヒーロー扱いだっただろうw
これが6000円程度で買えるならお買い得ぅ!!
昔はファミコンソフトだって一本5000円はしてたんだぞ。
今は30本はいってるから1本200円換算なのだぜ?すげー時代になっちゃったよな~
素直にありがとうございます。

minifami002.jpg

ついでにファミコン通信の裏。
おお、初代ゼルダの伝説…とおもわせてブレスオブザワイルドな広告w
雑誌内容は高橋名人毛利名人の対談にはじまり収録30本のゲーム内容紹介、その裏技記事、クロスレビュー、
当時ファミ通に掲載されたページの再編集などなどですね~
そしてファミコン通信にははずせない
どうでもいい(褒め言葉)町内会にゲーム帝国!当時ファミコンキッズだったおっさん感涙の内容となっておりますw
ガバスとかいうワード、久しぶりにみたわ!
あったなー悪魔の安楽椅子、女神の四の字固めw
ああ何もかも懐かしい…

おまけで小技の利いてるディスクシステムペーパークラフト、
使い道の無い(褒め言葉)各ゲームタイトルのシールがついており、
心底どうでもいい感じで、大きなお友達の心をくすぐりにきますw

この日だけはエロ同人描くのも忘れて子供に戻らせていただきました。
ノスタルジー。俺の中の3丁目の夕日。
いい買い物した。
スーパーファミコンミニもお待ちしておりますよ!
スポンサーサイト
プロフィール

KOJIROU!

Author:KOJIROU!
ゲームとおっぱいを愛してやまない
ヘタレ漫画家
ヘルニア療養中…

KOJIROU!ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR